宮下すずママの新作リリース!(10/1~)

〈妊婦〉アート論

A1z8mmTs9vLa.jpg

〈妊婦〉アート論 [山崎明子/藤木直実]

菅実花の作品『ラブドールは胎児の夢を見るか?』は、妊娠した女性型愛玩人形を写真に収めるアート・プロジェクトで、見る者の「常識」と「感性」を揺るがし、大きな話題になった。

菅の作品の問題提起を受け、孕む身体と接続したアート――マタニティ・フォト、妊娠小説、妊娠するファッションドール、胎盤人形、日本美術や西洋美術で描かれた妊婦――から、女性の身体経験が社会にどう意味づけられ、人々はそこに何を読み込むのかを照らし出す。

様々な表象で分断される妊娠という女性の経験を社会的な規範から解き放つ挑発的な試み。

目次
  • 序 章 妊婦表象は何を語るのか 山崎明子
  • 第1章 未来の母としての「妊娠するアンドロイド」をめぐって 菅 実花
  • 第2章 マタニティ・フォトをめぐる四半世紀 小林美香
  • 第3章 「妊娠」を奪取する 藤木直実
  • 第4章 「あるべき」女児用人形とは何か 吉良智子
  • 第5章 胎盤人形 池川玲子
  • 第6章 日本美術に描かれた「妊婦」 池田 忍
  • 第7章 妊婦と人形がアートのうえで出会うまで 香川 檀

コメント

あなたは18歳以上ですか? このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
タイトルとURLをコピーしました